花咲ガニはおいしい食べ方

味噌汁だけでも全然違う

味噌汁だけでも全然違う

茹でただけのものを口にしても花咲ガニはおいしいは、更に、大まかに切って、味噌汁にして食べるというのも堪能できます。現地の北海道ではこのようにカニを入れた味噌汁のことを「鉄砲汁」と呼ぶのだそうです。
風貌はタラバガニにとても似たこの花咲ガニは、どちらかといえば小さい体つきをしており、花咲ガニのカニ身には海老ほどのコクがあります。卵(内子、外子)お目当ての人も多いほど非常に美味です。
私の好物は何と言っても蟹で季節になったのでカニを扱っている通販で新鮮な毛ガニやズワイガニを注文しています。差し当たり今がいただくのには最適の時期なので早く予約しておいたほうがいいし特価で手元に届きます。
数年前までは水揚されたばかりのズワイガニを通販でお取寄せするなんてことは考えられなかったことですね。挙げられるのは、インターネットが普及したこともその助けになっているといって間違いないでしょう。
特別なこの花咲ガニ、他のカニの中でも花咲ガニというカニそのものが極端に少ないため、水揚の時期が7月、8月、9月のみで、だからこそ、食べるならこのとき、という旬が秋の初めから10月と残念なほど短いです。
一回でも貴重な花咲ガニの味を知ったら、例えようのない濃く深いその味をまた食べたくなる事は疑いありません。食べたいものリストがひとつ多くなるということですね。
九州を代表するカニはと言えばワタリガニ。脚の部分で身が入っているのはつめの先位のものですが、その分だけ、甲羅の内側は旨みでいっぱい。最後の最後まで筆舌に尽くしがたいドロっとしたうまそうな中身が食欲をそそります。
深い海に生息しているカニ類は激しく泳ぐことはありえません。生き生きとずっと泳ぎ回っているワタリガニのコクのある身が引き締まっていていい味が出るのは明白な事になるのです。
食べごろの絶品の花咲ガニを召し上がるなら北海道は根室産、もうたまらない味わいです。急がないと販売終了してしまうので、買えるうちに購入予定を立ててしまうべきです。
北海道の定番となっているタラバガニとズワイガニは表面と同じくらい、味覚の面でもかなりの相違がある。たっぷりと詰まっているタラバガニの身は何か圧倒されるものがあり満腹感が秀逸だが、味については少しだけ淡泊という特性があります。